3年前の4月頃だったと思います。

 

うちの上階に新しい家族が引っ越してきました。

 

うちの上階はなぜか1~2年ぐらいで引っ越す人が多くなぜだろうと思っていました。

 

一番最初に居たおばあちゃんは病気で亡くなってしまったようなのですが、
次に来たのは30代ぐらいの真面目そうな夫婦でした。

 

礼儀正しく、引っ越しの挨拶にも来てくれて、全然嫌な感じはなかったですが、
仕事の都合か家を買ったのか、一年半ほどで引っ越していきました。

 

とても静かに暮らしていたので、あーあ残念と思い、
次もうるさくない人か小さい子供がいない家族が来るといいなと思いました。

 

よくテレビや雑誌などで子供の騒音トラブルを見聞きしていたので、
騒音トラブルだけは嫌だと思っていました。

 

母とも、そんな話をしていて、次はどんな人が引っ越してくるだろうね、
などと話をし、私は小さい子供がいる家族じゃなきゃいいよとよく言っていました。

 

それから、何ヶ月かして新しい人が引っ越してきました、
また、30代ぐらいの夫婦で、きちんと引っ越しの挨拶にも来てくれました。

 

この夫婦もとても静かでほとんど物音がしなかったので、
幸せでした、この夫婦にずーっと居てほしいと思うぐらい静かでした。

 

母は、全然音がしないね?本当に住んでいるのかしらというぐらい静か、
たまにお風呂の音?がするぐらいで、まったく意識することはありませんでした。

 

しかし残念なことに、この夫婦も2年ぐらいで引っ越してしまいました。

 

あーあ、静かで良い夫婦だったのに・・・と、とても残念でした。

 

私はとにかくうるさいのが嫌いなので(好きな人はあまりいないと思いますが)、
次に来る人も静かな人だったらいいなと思いました。

 

そして、何ヶ月かして新しい人が越してきました、
しかし挨拶がありません、母は昔気質なので挨拶がないのが不満そうです。

 

まあ、集合住宅なので礼儀だと思いますが、
私はそんなことより静かならいいと思っていました。

 

今度新しく越してきた人も、静かでした、
しかし挨拶もないし、どんな人なのか検討がつきません。

 

母も全然上の人を見かけないと言っていて、
なんか、おばさんが一人で住んでるんじゃないかなと言ってました。

 

結局この人も一年半ぐらいで引っ越すのですが、
最後までどんな人だかわかりませんでした。

 

しかし、上はよく引っ越して人が変わるなぁ、なんか嫌だなぁと思い始めました。

 

人が変われば変わるほど、小さい子供連れがくる可能性が高いと思ったからです。

 

また、つぎ越してくる人も静かな人が来ますようにと願っていましたが、
期待は見事に外れてしまいました。

 

新しく越してきた家族は、4人家族で、上の子が2歳ぐらい、下が赤ちゃんでした。

 

引っ越しの挨拶もなかったのですが、
どんな家族が引っ越してきたすぐにわかりました。

 

入居した、その日に走る音が聞こえたのです、
私は、うわっ!怖れていたことが起きてしまったと、頭が真っ白になりました・・・悪夢の始まりです。

 

その日からバタバタと深夜まで走り回りました、
私は引っ越しの片づけなどでうるさいのかも!?一週間ぐらいで落ち着くんじゃないかと思いましたが、その期待は見事に外れてしまいました。

 

一週間たってもドタバタと走り回る音が聞こえます、
しかも深夜12過ぎまで、嘘だろ?!噂には聞いていたことが現実に自分に起きたのです。

 

毎日、四六時中聞こえてくる、走る音、すぐにストレスはマックスに!
耐えきれず天井を棒で突きました、しかし親父にやめろと!叱られ天井ドンは断念。

 

ある日、初めてその家族を目撃しました、
そこの奥さんが下にはどんな人が住んでいるんだろうとジロジロと品定めをするように見てきます。

 

カッときました!ジロジロ見る前に、まず挨拶だろう!
普通の家族ならまだしも、小さい子供もいて足音などの騒音が出るのは目に見えています。

 

それなのに、この夫婦は挨拶もなく引っ越し早々ドタバタとうるさい。
正直、神経がわかりませんでした。

 

友人に話したら、今どき、そんなの(挨拶なし)当たり前だよと言っていましたが、
私は、集合住宅に住む以上最低限のマナーというか礼儀だと思います。

 

最初の挨拶だけでも円滑にことが進むことだって現にあります、
最初は若い夫婦かなと思いましたが、よく見ると多分30を超えていると思います。

 

この夫婦の親も時折見かけましたが、恐らく70代か80代ぐらい、
この年代の親が礼儀を教えてないのかと、本当この親にしてこの子ありだなと痛感しました。

 

この後も、毎日続く足音にうんざりして、管理会社に電話しました、
管理会社の対応は、当事者間で解決してくださいと、そっけないもの。

 

UR賃貸ですが、本当URは使えねぇなと思いました、
とりあえず一階のエントランスに注意の張り紙をしてくれる事になりました。

 

小さいお子さんが住んでいる家は少ないので、
誰の苦情かわかってしまうけどいいですかと聞かれましたが、全然かまいませんと答えました。

 

張り紙がされ、これで少しは変わるかな?とあまり期待はしていませんでしたが、
案の定なにも変わりませんでした。

 

私は、その頃夜に仕事をしていたので、大体昼頃まで寝ていました、
しかし、朝も8時頃から走る跳ねる、ゴト。コロコロなどの謎の音、とても寝ていられません。

 

イライラも限界にきたので、迷惑しているという旨の手紙を入れました、
そしたら、次の日の朝、そこの家の奥さんが謝罪に来ました。

 

私は、寝ていたため、母が対応したので、どんな話をしたのかわかりません。
一応、謝ってきたのと、下の子もまだ赤ちゃんで、みたいな言い訳じみた内容だったような。

 

しかも手ぶらです、普通菓子折りの一つ持ってくるもんじゃないか、
別にお菓子なんか欲しくはないけど、本当に礼儀を欠いてるというか。

 

この時、自分で対応しなかったのを少し後悔しました、
しかし、これで多少は変わってくれるのではないかと思いましたがまったくでした。