面会が終わり、家路に着き、帰りに、ご飯の食材とアイスを買いました。

私は、お酒が好きで、毎日飲んでいたのですが、母の病気の発覚から、お酒を飲んでいません。

別に、願掛けとか、そういう事ではないのですが、ガンの告知でショックを受けたのと、
紛らわすために、飲む酒で不安感がましてしまうと思い、お酒が飲めなくなりました。

お酒でストレスを発散できなくなったので、甘い物、夏場だったので、
アイスクリームをたくさん食べるようになっていました。

疲れているのもあるのか、この頃はアイスクリームが美味しくて仕方なかった。
何故か、太りもしませんでした、もしかしたらお酒の方がカロリーが高く太るのかもしれません。

母が病気になる前は、ダイエットもかねて、毎日スポーツジムに通いました。
どちらかというと、お酒を抜きに通っていたようなものです。

この頃は、毎日ジムに行っているにもかかわらず、全く痩せなかった。
しかし、母が病気になり、お酒をやめてから、一気に6キロ近く減ったので、皮肉なものです。

お酒をやめたのもあるけど、ショックで食も細くなったのも原因だと思います。

家につき、ご飯の支度をして父親と一緒に食べました、
夜にアイスを食べながら、やることは、毎日、胆管癌を治す方法を探していました。

それまでは、好きだった、TV番組なども一切見なくなりました、
見ても笑えないし、そんな事をしている時間がもったいなく不安にもなるので、パソコンで病気の対策を探すことに没頭しました。

手術をしないほうがいいと言い張る人もいる!臓器にメスを入れるのは危険!
手術をすると、癌が暴れだし、他の部位に転移する可能性があるという。

これを公言しているのは、近藤誠先生です。
この人の本も読んだことがあるし、テレビでも見た、確かに共感できました。

ガンは自分の細胞のミスコピーによってできるものだし、人間には自然治癒力という、
何でも治してしまう、力があるというしなぁ。

本には、食事療法、玄米、菜食など、後はビワの葉温灸などでガンを消滅させたという人がいっぱいいます。

確かに、手術して、やせ細っていき、数年後には亡くなってしまう方もいます。

この時は、食事療法などは、やる価値があるかもなぁと思っていました。

でもN病院で名医が執刀してくれれば、生存率は上がるんじゃないか?
助かるんじゃないかという希望も持っていました。

ただ、調べれば、調べるほど、厄介な場所にできた、質の悪いガンです。