運動、これはその時は効果がありますね。

以前に軽いうつになった時は家から出るのが怖くて、
何かしらの恐怖感を抱えていました。

なので家でできる事は何かと調べたら、スクワットがいいとあり、
本当かな?とスクワットしたり腕立てをしたり筋トレをしていると、すぐにではないけどフッと気持ちが軽くなりました、なので運動は効果があると思います。

他にも掃除がいいというのも見ました、部屋をきれいにするのも精神面、肉体面にいいし、
掃除という行為に集中し没頭することで、その時はうつを忘れられるからです。

これも、効果がありましたが、集中して没頭するまでに時間がかかり、
その間の不安感に負けてしまい止めてしまうことも多々ありました。

何の療法でしたが忘れましたが、そこの療法では、うつの人に、
草むしりをやらせるようです、やはり一心不乱に集中する作業がおすすめのようですね。

後はウォーキングですね、よく、うつ病対策で太陽を見るというのがありますが、
あれと同じで私の場合は太陽に向かって歩いていきます。

そうすると太陽光が明るく眩しくて、うつうつとした気持ちが和らいでいきます。

サイクリングも同様です、ゆっくりと川沿いのサイクリングロードを走ると、
気分が良くなります、人がいなければ同時にアファーメーションするといいでしょう。

アファーメーションは明るい気分になる言葉、私は運がいい、ツイてる、ありがとう、
愛してる、幸せだなぁ、私は宇宙に愛されている等なんでもいいです。

うつが吹き飛ぶぐらいアファーメーションして自分を洗脳してあげましょう。

自分は毎日、お酒を飲んでしまうので、なかなか難しいですが、
便秘や下痢体質または腸内環境が悪いと感じる方は、腸内環境を整えましょう。

なぜなら腸でセロトニンといわれる幸せ物質は90%も作られるからです、
最近では腸内環境が悪いとうつになるなどとも言われているし、免疫力を強くするのも腸なので軽視できない臓器です。

私は、毎日お酒を飲むせいか、毎日下痢しています。
一度、母の病気が発覚して、半年ほど飲まなかった時は普通のうんちが出たので多分そうでしょう。

人と話す、これもその時は症状が楽になりますよね。
友人や家族など悩みを打ち明けられる人がいれば相談しましょう。

私も友人に聞いてもらっているときは、いっとき楽になりました、
しかし毎日聞いてもらうわけにはいきません。

もしも、不安でしょうがない、どうにかなりそうだと言う時には、
以前にも紹介したいのちの電話に相談しましょう。

簡単にはつながりませんが、運がいい時や、深夜には比較的つながります。

後は、うつは考え過ぎる人、よく考える人がなりやすいようです、
なので、どうにもならないことなら考えないほうが良いらしいです。

私も、自分の力でどうにもならないことは考えないようにしています、
確かイチローもそんなような事をいっていたので。

私の友人も考えすぎてしまう人がいるのですが、
ラーメン屋さんなので、ラーメン作りに忙しい時は忘れられると言っていました。

やはり、忙しい時や何かに没頭しているときは、うつ症状は出てこないんですね、
だから何かに没頭する、忙しくする等も有効だと思います。

不安や苦に対して効果のある呪文などもあるそうです、
般若心経や最強のマントラと言われているガヤトリーマントラ等です、興味のある方はお調べください。

私は最近、だいぶ不安感が軽くなってきたのですが、
自分でこれが効いてるなと思ったのはヘミシンクです。

これは後ほど書きますが、これを始めたおかげで不安がだいぶ減りました。
まだ完全にではありませんが、ヘミシンクを始めてからです。

このヘミシンクというのは、今話題になっているバイノーラル・ビートというやつで、
右耳と左耳に異なった音楽を流すことで覚醒に導くというものですが、とても奥が深いです。