私は瞑想に可能性を感じたので、瞑想を開始しました。

昼は上階の子供の足音がうるさいので、いない時間を選んでやり、
夜は、深夜の1時、2時ぐらいに約30分程度瞑想しました。

色々な瞑想法がありましたが、上江洲義秀先生の法玉明想を選択し毎日続けました。

毎回ではないのですが、
時折眉間のあたり(松果体?)を押されるような感覚がありましたが、特に何も起こりません。

まあ、お坊さんなどは十数年かけて、禅の修行で悟りを開くので、
素人がいきなり明想を始めたからといってすぐに悟ったり、宇宙とつながるのは難しいかもしれません。

中には、霊感というか、そういった能力に秀でていて、
瞑想開始後すぐに高次元の存在と繋がれる人もいるようです。

でも、悟りを開けなくても、
リラックスやストレス解消などには効果があるのでおすすめです。

私は瞑想しているうちに足や腰が疲れてきて、
横になって寝ながら瞑想に切り替えることが多いですが、横になると寝てしまうので瞑想には向かないかも。

独学でやるのもいいけど、上江洲先生のセミナーに出てみたいと思いました。

セミナーに行った方のブログでは結構、
絶賛されていて、希望すれば上江洲義秀のヒーリングも受けられるのとのこと。

有料ですが、ヒーリングが3000円、光話が3000円両方受ける場合は6000円です。

これぐらいなら正直安いほうかなと思いました、
他の無名の人や怪しげな自称ヒーラーの方などは1万円~5万円とか普通にあったので。

でも、あまり遠くだったらやめようと思っていましたが、
上江洲先生の公式サイトで調べたら、私の家からそう遠くない所でセミナーを開催するので行くことに決めました。

普通だったら、私はこういった集まりは行きません、
引っ込み思案で人見知りな正確なので、こういう所に行くのは苦手なのです。

しかし、母が亡くなり、うつや不安神経症がひどくなり、
助かりたい、誰かに救ってもらいたい、そんな気持ちと、もうどうにでもなれという、なかばヤケクソ状態でした。

この上江洲義秀先生は以前は病気の人の身体に手を当てるだけでどんな病気も治してしまったらしいです。

今、現在は人の病気を治す事はしていないらしいです。

以前に病気を治していた時に、左肺の癌を治したら、今度は右の肺に癌ができてきた、
これではダメだと思い、根本の心を治さなくては何度でも病気になってしまう。

そう思いヒーリングで心の治療をすることにしたそうでうす、
他にも病気を治した人が寿命が伸びてしまい生きてる間にカルマ(業)を増やしてしまうなどが原因らしいです。

イエスキリストも病人に手を当てるだけで病気を治したらしいですね、
覚醒した人などはこういった能力が身につくのかもしれません。

私は上江洲先生を信じていますが、この病気を治す能力を目の当たりにしたことがないのでわかりません。

この、どんな病気も治せる能力が本当で今も続けられていたら母の癌も治せたのかもなぁと何度も思いました。

しかし、考えがあって、もうやっていないという事はしょうがありません。

そしてセミナー当日になったので、電車に乗ってセミナー会場がある駅で降りました。

セミナー開始の30分ぐらい前に着いて、セミナー会場もすぐにわかりました、
会場は6階だったのでエレベーター前に行くと、丁度、上江洲先生とお手伝いの人?が数名いました。

おぉ!?生上江洲先生だ!と少し興奮しました、
よくネットで拝見していたので有名人にあった気分でした。

私の前でエレベーターを待っていたのですが、
エレベーターが到着すると、どうぞと、私を先に行かせてくれました。

皆を先にエレベーターに乗せてから、最後に上江洲先生が乗りました、
気遣いのできる優しい方だなぁと思いながら前方に居る上江洲先生を見ていました。

もちろん事前に画像を拝見していたのですが、
その風貌は、皆さんよく言われるサイババさんのような髪型です、和製サイババといった感じでしょうか。

ここで霊感が強かったり、気功などができる人なら何か感じるのでしょうが、
凡人の私には上江洲義秀先生のオーラなどは感じることができませんでした。

セミナー会場入口に来ました、以前の私でしたら、
中に入れず入り口の周りをウロウロして中の様子を伺っていた事でしょう。

しかし、この時は何も考えずに、すっと入って行くことができました。

中に入ると受付の女性が2人いて、名前を書きます、
そしてヒーリングと光話のどちらを受けるか○を付けます。

私はヒーリングと光話の両方に○を付けました、
そうすると番号が渡されます、ヒーリングの順番待ちです。

ヒーリングをする人は上江洲先生の他にもう一人います。
私は初めてだったし、上江洲先生の能力を体感したいと思っていたので是非、上江洲先生に当たりますようにと願いました。

ヒーリングの順番を待っている間、口の中に亜麻仁油を数滴垂らしてくれます、
そして上江洲先生のエネルギーの込められた水を目と口に入れていただき、顔と頭にも軽くミスト状の物をかけてもらいました。

これは、特に断っても良いらしいですが、私はありがたくしてもらいました。
コンタクトレンズをしている方などは断る人もいるようですが、私もコンタクトでしたが特に問題なしです。

この順番待ちの間にも皆さん瞑想をしている方が多くいました、
私もマネをして瞑想をしていましたが初めてだったのでドキドキしてしまいただ目をつぶっているだけでした。

そして遂に自分の順番が回ってきました!緊張しながらそこに向かうと、
何と、上江洲先生がではありませんでした!

ガーン!!!せっかく勇気を出してきたのになぁ・・・

まあ、しょうがないです気を取り直してヒーリングを受けます、
もう一人のヒーラーの方は存じ上げないのですが多分、上江洲先生同様凄い人だと思います。

何か眉間あたりにスースーするオイルを塗っていただきヒーリングが始まりました。

多分、塗っていただいたものはチャクラが開きやすくなるためのオイルだと思います。

ヒーリングで手を当てられている時は、とても温かさを感じました、気が出ているのかな?

そして、2、3分?の初ヒーリングは終了しました。
何か変化があったかといえば、特に何もなかったけど、少し気分が高揚したような気はしました。

ヒーリングを受けた人の中には、泣き出してしまったり、愛が増幅するのを感じたりと、
色々な体験をする人も多いようなのですが、まだまだ、そういった感受性が未開の私には変化はありませんでした。

そして会場に戻り、イスに座りました、イスは百席以上用意されていて、
空いている所に適当に座りました。

上江洲先生はヒーリングをしているので光話が始まるまでは瞑想の時間です。

会場には先生の声でオームという声がエンドレスでかかっていますので、
このオームを聞きながら瞑想します。

オームというのは宇宙が誕生した時の声だとか、
常に宇宙空間に流れている音だとか色んな説がありますが、あの地下鉄サリンのオーム真理教ではありません。

常に宇宙から流れているのですが、普通の人には聞こえません、
覚醒した人などは聞こえるようになるようです。

その、オームが延々と流れる会場で瞑想をします、
この会場は、上江洲先生もいるし、瞑想上級者やヒーラーの方達などが集まっているので凄いエネルギーです。

これは、特に何の能力もない私でも感じることができました。
瞑想すること数十分、いつの間にか寝てしまっていました。

多分、相当良い気が流れているのだとおもいます(笑)

そして光話になり、上江洲先生がヒーリングを中断して登壇しました。
上江洲先生には日本だけでなく、中国から来る方もとても多く中国人用に通訳がいて通訳しながらのお話でした。

とても良い話なのですが、少し難しいところもあり、
気づいたら光話が半分過ぎたぐらいのところで爆睡していました。

ハッ!?せっかくありがたい話をしていただいているのに寝てしまった・・・

失礼ではなかったろうか、周りにひんしゅくを買っていないだろうかと少し気になりました、
セミナーに行く方は、お昼ご飯はあまりガッツリ食べないほうがいいかもしれません。

満腹で、あの気の流れが良い会場だと眠くなってしまいます。

結局、光話後の瞑想でも、眠ってしまい、何だか寝まくりの初セミナーになってしまいました。

帰ってからも特に身体や気持ちに変化はなかったけど、また行きたいと思いました、
次は絶対に上江洲先生にヒーリングをしてもらいたいです。

上江洲義秀さんが気になった方は、
ググると、たくさん上江洲先生の神秘的なエピソードやセミナー体験談が出てくるので読むだけでも結構楽しいですよ。